mixに書ききれない写真付きの日記を書いていきます。

さて、今回は妙義山です。
2週間前には尾瀬に行き山道で筋肉痛になり、翌週の入間航空祭でさらに筋肉痛(笑)
で、そんな体験をしたので『妙義山かぁまぁ何とかなるかな?』と思い、なら平気だと。
そんな私にかっしーさんが「鎖をつかんで登るような岩山だから動きやすい格好が1番ですよ」とメールをくれました。

鎖?
全く想像がつかないので取り合えず軍手を用意。

岩山?
ん?普通の山登りじゃないの?
靴もいつもと同じ普通の靴。
まぁ、登山靴は持ってないですけどね(^^;
え?普通の山登りだよね?

うーん。
ま、いいか(笑)

さていつもなら【60センチドール】も連れて行ってアウトドア撮影に挑みますが今回の場所、妙義山は
にゃあのん「紅葉のシーズンで60センチは人が多いから多分出せないと思うよ」
なるほど。
確かに人が多そうなので、『なら持って行かなくても良いかな?』と言う事で持って行きませんでした。
結果は持っていかなくて大正解でした。
違う意味で(爆笑)
なので今回はリュックとウエストポーチ。
重量約5~6キロ。
しかも中身は【えっくす☆きゅーと】(笑)
登山用の用意なんてこれっぽっちもありません(笑)

荷物
これが今回の荷物です。
対比用にCDジャケットと【えっくす☆きゅーと】の無料配布小冊子とマッキー(笑)
登山で持って行ったのは黒いリュックとオレンジのウエストポーチです。
したのバックは置いて行きました。

a5ef6557.jpg

さて、先ずは中乃岳大駐車場に車を止め、そこから大国神社~中乃岳神社を通り、目的の大砲岩に行くルートが今回の予定です。
車で移動中にも紅葉が綺麗でさぞかし見ごたえがあるんだろうなとこの時は軽い気持ちでした(笑)
実はこっちは入り口ではなかったようで(笑)

f0bd6185.jpg

先ずは鳥居をくぐり…。
ってなんじゃあれは?(笑)

87a7763f.jpg


m05.jpg
日本一のだいこく様らしいです(^^;

早速ゲリラ撮影(笑)
m06.jpg
リアン後ろに人が!!(笑)

m07.jpg
大国神社から中乃岳神社まではこの階段を登ります。


リアン「・・・。これ登るの?」

m08.jpg
リアン「うわぁ。」

m09.jpg
あ~る「…(無言)」
:写真提供【にゃあのんトラブルツアー】

6ddba916.jpg

リアン「ふー。先ずは中乃岳神社へ到着~」

この時点ですでに登る気力が失せ始めました(笑)
さらに肩から下げるタイプのバックを持ってこなくて正解だと思いました(笑)
でも大砲岩までいかねば!
気を取り直して出発!

m11.jpg
リアン「…。険しくない?」

険しいなぁ(笑)
自然を利用した階段と言うか道と言うか…。

51c12020.jpg

リアン「えーと先ずは、見晴台に行くんだよね。あと330メートル。」

0d921083.jpg

リアン「ふー。結構登ったよねー」

87ac9ec3.jpg

リアン「…後0.2キロ?200メートル??
まだまだあるのね・・・。」

2f15a2e0.jpg

リアン「休憩させていただきます(笑)」

e1e6ce43.jpg

そんなルートでしたがまずは見晴台に到着。

m17a.jpg
パノラマ写真
さすがに見晴らしは良いですね~。
あいにくの天気でしたが紅葉が綺麗です(^^)
手すりとかないですけど?(笑)
…。
手すりがない?
ここは見晴台ですよね?

f6a51a3d.jpg

ただの大きな岩ですよ?(笑)
こえええええええ!!!!∑( ̄□ ̄;

紅葉なんて見てる余裕ないって!!!!
なんで次から次に人が来るの?!
恐くないの?!(笑)
と、取り合えず見晴台を移動しましょう。
目指すは大砲岩ですから。

f8a532fe.jpg

リアン「後ろに見えるのが大砲岩です。
…。
あそこまで行くの??」

行きます(笑)

0cbd4c60.jpg

転落防止用の鎖と撮りつつ見晴台を後にしました。

次回へ続く!

ナレーション「この時更なる恐怖が待ち構えているとはあ~るには想像もつかなかった。
運命に翻弄されるえり子!
リアン「えり子??」
田村英里子「次週のえりりんはどうなっちゃうんでしょうね?」
リアン「えりりんコーナー??」

そんな訳で5thあいかです。
ドルショ限定バージョンです。
髪の毛の色がお気に入りです。
ひめのに似てますがw

あいか


はやくノーマルを引き取りに行かなきゃ(^^;

↑このページのトップヘ